読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウゴカソウノカイ

きれいな姿勢やスタイルを目指すブログ

ヨガのレッスンをうける。

久しぶりにヨガのクラスをうける。


あべ先生(私の師匠)は機能解剖を教えているのでそれがベースのヨガ。
1時間とちょっと。
あべ流はお勉強を交えつつアーサナをとる。
時間内にやったアーサナの数6、7個。
ウォーミングアップ、特になし。
痛みを覚える者なし。


私はラクダのポーズ(ウシュトラアーサナ)なるものを楽にする事を覚えた。
どこもがんばらない、踏ん張らない。
コツを覚えた。
翌日、お尻が筋肉痛(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎
これ、最高!
お尻を使うアーサナやって筋肉痛になってるなんて、ちゃんと使えたって事じゃん!最高!
ってなる。
(いや、その前にもっと鍛えとけよ説)

こうなると、なぜあんなに踏ん張ってアーサナしてんのか謎ー!
つて調子にのる٩( ᐛ )و

どこをどういう風に使うのかちゃんと勉強して、やる。
素直だとできる(らしい)
(ラクダのポーズの時の私は素直だった。)
それでも出来ないならもっと簡単な動きで地道に鍛えてからそのアーサナに戻ろう。

というのがしっかりはっきりわかったクラスでした。
ただ、その地道な練習ができない人がいて、そういう人は無理して身体を痛めて乙。

地道にやりましょう。
と心の中でなりました。

身体を痛めてるイントラに習う意味ってなんでしょうか?