ウゴカソウノカイ

きれいな姿勢やスタイルを目指すブログ

腕を動かすこと。

身体の動きに正解はひとつしかなく、身体の形にそった動きをする。


でもみんな自分の身体のことなのに正しい理解がないまま、どこかで妙な動きを身につけてその妙な動きを何年何十年と繰り返し結果、壊す。


身体について正しい理解がないというよりそんなに身体について考えたことがないですよね。

私も少し前まで考えたことありませんでしたし、今でも身体について学んだ時に

「え⁉︎そんななの⁉︎考えてもみなかったよ!」

みたいなことばかりです。

知らないというより考えてもみなかったのです。

残念ながら多くの方はそんなに考えて動かしてないですよね。


で、またお勉強すると

「え⁉︎そんななの⁉︎考えてもみなかったよ!」

に遭遇しました。

とても楽しいことです。



腕の骨って大体親指の第一関節くらいまでの面でしか肩と繋がってないんですよ!

え?

そんだけ?

って感じになりませんでしたか、今。

そりゃー腕の上げ下げちゃんとやらないと肩に負担かかるわー。

ってなりません?なりますよね?


ポイントはたくさんあるのですが、

腕は身体の真横にはついていません。少し前についてます。

ここの認識が変わると動かし方も必然変わります。


とりあえず腕を上げ下げしてポキポキ音がする方はやり方を間違えていらっしゃいます。

私も腕を下ろすときに鳴っちゃうんですよねー。。

正しい動きを意識して動かしてる時は鳴らないんですが、無意識の時!

正しい動きを意識せずともできるように身体に動きを染み込ませようとちょこちょこ練習中です。


ヨガでももちろん腕を上げたり下げたりする動きはありますよね。

ちゃんと理解してやらないと危険です。


地道な練習が私を救う!です。

広告を非表示にする