ウゴカソウノカイ

きれいな姿勢やスタイルを目指すブログ

ヨガのインストラクターになろうと思いました。

今はレッスンを時々させていただいてます。


機能解剖学に基づく学習・レッスンをしている安倍先生に学んでいます。

先生は身体を学び、そこから身体の適切な使い方を学び、正しく身体を使うことを教えてくれています。そのことが健康で快適な生活を送ることにつながっていきます。


ヨガをやっていると、ヨガによって身体を痛める方に出会います。

ヨガを始めた当初、痩せたいとか健康の向上の為に始めようと思ったはずなのに、いつの間にか難しいアーサナを取ることに意識が向くようになります。多くの方が。

私もご多分にもれず難しいアーサナをとることにとらわれていました。

早く上手にならなきゃ。インストラクターになるなら見本になるべく難しいアーサナとれなきゃとか(そういう風潮ありますし)、見栄などの気持ちもあります。

でも頑張って、怪我している先生を見ると、難しいアーサナを出来ることがいいことだとは言えないのではと思うようになりました。

怪我をしてしまうくらい頑張ってしまう人がいる。自分を大事にするために始めたことが、痛めてしまうことになるというのはなんともせつない。


今時点、難しいアーサナはきちんと身体が使える先にしかないなと思っています。

だから私は難しいアーサナはちっともできません。

先日も腰回りの筋肉がガチガチで先生に驚かれたくらい未熟です。



先生曰く、スポーツ選手やヨガマスター、バレリーナなど一流の方々は身体の使い方が機能解剖学を理解した動きだそうです。

生まれつきセンスがある方がいるそうです。

全体の5%だったかな?この数字は曖昧ですがまあとにかく、ちっとも多くない数です。学ばなくてもできてしまう人はその程度。

後の人はできない。

生きてる中で変な動きを身につけて、それが積み重なってある日、例えば肩が痛くなったりね。

そうならないためにも勉強して正解の動きを身につけて快適な毎日を。

でもできないなら勉強して練習すれば身につくのだから、なんの問題もなし。

(とはいっても様々な要因から、勉強しようと思えない方も多くいます)


そして正しい動きをやっていくと簡単に身体が締まってきます。ごいごい動くことなく、締まります。足がまっすぐになったり、呼吸が変わり、声が変わったり、耳が良くなったり。

すごいでしょ。


なのにゴイゴイ動かないから息切れしたりはほぼしないです。(動きに必死すぎて勝手に呼吸を止めてしまうことはあるけど。)


身体が変わると心が変わります。

単純に姿勢がいい人と悪い人、胸が開いてるか閉じてるか、これだけで心持ちが変わりますが、それって想像できるでしょ。


そして私も安倍先生に習うようになって1年半くらいになるのかな?

姿勢が随分変わったし考え方も変わってきました。自分でいうのは変な話だけど、昔から知っていてくれる人はわかってもらえると思います。


ちょっと偉そうになってないですか?大丈夫かな?

未熟者な勉強中の身です。

先生のレッスンもほぼほぼわかってなくて帰ることざら!


ここには学んだことや自分の変化の経過なんかについて書こうかと思います。


その中で、私と一緒に話しをして考えて実践してもらって、身体をよくしようと思ってくださる方と出会えたらいいなと思います。



広告を非表示にする